田辺市HOME > 田辺市立美術館 > 展覧会[田辺市立美術館] > 特別展 現代の織1 潮 隆雄/現代の織2 久保田繁雄

特別展 現代の織1 潮 隆雄/現代の織2 久保田繁雄

現代の織1・2糸を織ることから生まれる、独特で多様な質感と色彩は、古くから実用的な織物の域で用いられるに留まらず、視覚に訴える表現手段としても洗練を重ねてきました。
西洋におけるタピスリーの制作がその代表的なものですが、1960年代の後半頃からは絵画的な表現を超えて、織りによる立体的な造形表現を試みる作家も多数現われ、「ソフトスカルプチュア」や「ファイバーワーク」といった言葉も生まれました。織りによる表現は、現在もなお新たな素材や技法を取り込み、時代を反映しながら豊かに展開し続けています。
日本においても伝統的なものと独自のものを、素材と技法において連動させ、駆使し、織りの造形表現を刷新している作家が少なからずいます。その優れた作家の芸術を特集して展観するシリーズ、『現代の織』を今年度から開始します。
スタートは、日本におけるタピスリー表現の第一人者である潮隆雄(1938~)と、日本のファイバーワークの先駆的な作家である久保田繁雄(1947~)の制作を取り上げて紹介します。

 

※田辺市立美術館展示室3・4・5では、小企画展「戦後の抽象表現」を開催しています。

開催期間

2017年10月14日(土) ― 11月19日(日)

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

[現代の織1] 田辺市立美術館
[現代の織2] 熊野古道なかへち美術館

休館日

毎週月曜日

観覧料

[現代の織1] 600円(480円)
[現代の織2] 400円(320円)
( )内は20名様以上の団体割引料金
※学生及び18歳未満は無料

主催

田辺市立美術館

関西文化の日

11月18日(土)は観覧料を無料にします。

[現代の織1] 展示解説会

11月11日(土)午後2時から当館学芸員が行います。(観覧料のみ必要)

[現代の織2] ギャラリートーク

10月28日(土)午後2時から久保田繁雄が行います。(観覧料のみ必要)

このページに関するお問合せ先
田辺市立美術館 TEL 0739-24-3770 FAX 0739-24-3771
〒646-0015 和歌山県田辺市たきない町24-43
最終更新日:2017105
  • 渡瀬凌雲~渡米の前後で~
  • 現代の織3 朝倉美津子
  • 野長瀬晩花~国画創作協会の画家たちとともに~
  • 佐伯祐三と近代の洋画
  • 生誕110年記念 秋野不矩展