田辺市HOME > 田辺市立美術館 > 展覧会[田辺市立美術館] > 特別展 現代の織3 朝倉美津子

特別展 現代の織3 朝倉美津子

特別展 現代の織3 朝倉美津子田辺市立美術館では、昨年度から日本の高度で独創的な織りによる造形表現を展観するシリーズ、『現代の織』を開始しています。
この展覧会シリーズでは毎回、伝統的なものと独自なものとを素材と技法において連動させ、織の造形を、時代を反映した表現として駆使している現代の優れた作家の制作を特集します。西洋において洗練を重ねてきたタピスリーの制作を、新たな視点から現代の日本に展開する作家、また1960年代の後半から、「ソフトスカルプチュア」や「ファイバーワーク」といった言葉を生んで世界的な潮流となった、織による立体的な造形表現を追求する運動に参画した日本の作家の制作を取り上げてゆきます。
今年度の「現代の織3」では、素材となる糸の染めと織りの技術双方に独創的な手段で取り組み、織りの構造そのものを表現に取り込んだ斬新な作品を発表し続けている、朝倉美津子(1950~ )の芸術を紹介します。

 

◎展示室3・4・5では小企画展「戦後の美術」を開催しています。

開催期間

2018年 7月21日(土) ― 9月17日(月・祝)

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(ただし9月17日は開館)

観覧料

600円(480円)
( )内は20名様以上の団体割引料金
※学生及び18歳未満の方は無料です。

主催

田辺市立美術館

アーティストトーク

8月11日(土・祝)・9月8日(土) いずれも午後2時より(観覧料のみ必要)
講師:朝倉美津子

このページに関するお問合せ先
田辺市立美術館 TEL 0739-24-3770 FAX 0739-24-3771
〒646-0015 和歌山県田辺市たきない町24-43
最終更新日:2018710
  • 戦後の表現
  • 描かれた滝
  • 文人画コレクション
  • 原勝四郎と紀南の画家たち
  • 岸田劉生展 -写実から、写意へ-