田辺市HOME > 防災まちづくり課 > 文里地区津波避難タワー

文里地区津波避難タワー

tawer

津波避難タワーとは

 津波による被害が想定される地域の中でも、地震発生から津波到達までの時間的猶予や地理的条件等の理由により、近くの安全な高台等への避難が困難と想定される地域において、緊急的に一時避難をする場所として活用する施設です。

建設までの経緯

 田辺市は、昭和21年12月21日に発生した昭和南海地震に伴う津波の来襲により大きな被害を受けた経緯があります。
 また、和歌山県では、近い将来、発生が懸念されている東海・東南海・南海地震が同時発生した場合、田辺市の文里地区沿岸地域に対し、巨大津波の第1波が25分という極めて早い時間で押し寄せ、また、最大津波浸水深は5メートル以上になると予測しています。
 こうしたなかで、田辺市では、文里地区の沿岸地域を津波の到達時間までに安全な高台へ避難することが困難な地域の一つとして抽出し、和歌山県は、平成19年6月に津波避難困難地域として公表しました。
 文里地区津波避難タワーは、文里地区における津波避難困難地域にお住まいの方々が、津波発生時に緊急一時避難場所としてご活用いただくための施設として平成20年3月に建設しました。
 

施設紹介

避難ステージ

stage  避難ステージは地上高7.8m、海抜9.9mの位置に設置しています。
 

 

 

 

 

 

避難進入路

sinnyuro  2箇所設置しており、平常時には、扉は施錠していますが、珪酸カルシュウム板を破って進入できます。
 

備蓄物入れ

bichiku 避難ステージに6基設置しており、毛布、非常食、簡易トイレ、防水シート、救急箱などを備蓄しています。
 

建設内容

hinan-map

所在地 田辺市文里一丁目736-251
構造 鉄骨構造
施設規模 避難ステージ 45平方メートル
収容人数 約100名
建設費 2,840万円
工事期間 着工 平成20年1月8日
完成 平成20年3月21日
このページに関するお問合せ先
田辺市 防災まちづくり課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9976 FAX 0739-22-5310
最終更新日:2015917

防災まちづくり課

災害に備えて

避難施設・避難場所に関すること

災害情報のお知らせに関すること

補助事業等に関すること

ハザードマップ

田辺市地域防災計画

田辺市耐震改修促進計画

社会資本総合整備計画

田辺市防災対策アクションプログラム

防災会議

危機管理に関すること

その他