田辺市HOME > 文化振興課 > 文化事業 [文化振興課] > 平成28年度事業 [文化振興課] > ルガーノ・カルテット

ルガーノ・カルテット

ルガーノ・カルテット

山下泰資(田辺市出身)、木野雅之(日本フィル、ソロ・コンサートマスター)をはじめ、
ヨーロッパ、日本で活躍する実力派演奏家による、室内楽の醍醐味。

平成28年7月3日(午後3時30分開演 ~公演は終了しました~
紀南文化会館小ホール
一般前売 2000円 当日2,500円(全自由席)
~未就学児の入場は出来ません。~

チケット発売 5月12日(木)

託児所を用意します。
託児料:1000円(要予約)0才~5才(締切6月17日)

ルガーノ・カルテット Quartetto di Lugano
タマス・マイヨル(ヴァイオリン)/木野雅之(ヴァイオリン)
エンリコ・バルボーニ(ヴィオラ)/山下泰資(チェロ)
客演:小森谷 泉(ピアノ)

●プログラム
パガニーニ:弦楽四重奏曲 第3番 イ短調 MS 20
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44
シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 「死と乙女」 D. 810

公演チラシPDFファイル(466KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 後援:スイス大使館


ルガーノ・カルテット
1987年、スイスにて結成。ヴァイオリンにはスイス・イタリアーナ管弦楽団のコンサート・マスター、タマス・マイヨルと日本フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスター、木野雅之、チェロには田辺市出身で現在スイス在住、スイス・イタリアーナ管弦楽団の首席チェロ奏者、山下泰資、ヴィオラにはサンタ・チェチリア管弦楽団、エンリコ・バルボーニが加わり、ヨーロッパ、日本で活躍する実力派演奏家で構成されている。
アスコーナ、ミラノ、フランクフルトなどヨーロッパ各地での演奏会や放送出演など活躍を続けている。日本でもサントリーホールをはじめ、各地で演奏会を開き、その模様はNHK-FMで放送された。1993年、96年には「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」にも出演。
ソプラノのカリン・オットとのCD録音他、VOEGELINの弦楽四重奏曲のCDをスイスJECKLIN社よりリリース。また日本でリリースされたCDも好評を博している。

サンプル画像

タマス・マイヨル(ヴァイオイン)
リスト音楽院(ブダペスト)を首席で卒業、フバイ・コンクール、カラヤン・コンクール等、数々の国際コンクールに入賞。
1983年よりスイス・イタリアーノ管弦楽団の第一コンサート・マスターに就任、86年よりハンガリー・ブダペスト祝祭交響楽団の第一コンサート・マスターを兼任、現在に至る。室内楽奏者としても、数多くの著名アーティストとの共演等、国際的に活躍。
また、ルガーノ音楽院においてオーケストラの指導にあたるなど、更新の育成にも力を注いでいる。

木野雅之

木野 雅之(ヴァイオリン)
 桐朋学園を経てロンドンのギルドホール音楽院に入学し、名匠イフラ・ニーマン教授に師事。ナタン・ミルシュタイン、ルッジェーロ・リッチ、イヴリー・ギトリスの各氏に師事し研鑚を積んだ。1984年、カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール(ロンドン)で、最高位、併せてW.H.スミス賞と聴衆賞を受賞。85年、メニューヒン国際コンクール(パリ)でサロン音楽特別賞を受賞。また87年には、その前年度に英国内でオーケストラと協奏曲を演奏した将来性のある優れた演奏家に贈られる『ロイヤルオーケストラ協会シルバーメダル』を授与され、ロンドンで記念演奏会を行った。
ロイヤル・フィル、ベルリン響、ポーランド国立放送響、モスクワ放送響等世界の一流オーケストラと共演。また、サンレモ、オールドバラ等、数多くの音楽祭に参加。
93年日本フィルのコンサートマスターに就任。2002年7月よりソロ・コンサートマスター。2013年より、東京音楽大学教授に就任。また桐朋学園大学講師として、後進の指導にもあたっている。

エンリコ・バルボーニ(ヴィオラ)

エンリコ・バルボーニ(ヴィオラ)
 サンタ・チェチリア音楽院(ローマ)を、ヴァオリン、ヴィオラ両部門を首席で卒業、ソリスト、室内楽奏者として、世界各地の主要ホール、劇場にてヴァイオリン、ヴィオラ奏者として演奏活動を続け、現在に至る。
ヴァイオリン奏者としては、ヴェローナ・アレーナ劇場、サンタ・チェチリア管弦楽団のコンサート・マスターを歴任。現在、フェニーチェ劇場オーケストラ(ヴェネチア)の第一コンサート・マスターとして活躍。ヴィオラ奏者としては。トリノ交響楽団首席奏者、アマティ・カルテット等を歴任。現在、ルガーノ・カルテット、そりすてぃ・イタリアーノのヴィオラ奏者としても知られている。
また、ヴィチェンツァ音楽院(イタリア)の弦楽主任教授として後進の指導にあたっている。

山下泰資(チェロ)

山下 泰資(チェロ)
 和歌山県田辺市生まれ。桐朋学園卒業後、スイス“ジュネーヴ音楽院”ヴィルトゥオージテ・クラスにて、ギィ・ファローに師事。在学中、数々の特別賞を同校より授与される。プルミエ・プリにて卒業。 “ガスパール・カサド”“マリア・カナルス”“ジュネーヴ国際”等、多くの国際コンクールに入賞。
1980年、スイス・イタリアーナ管弦楽団の第一主席チェリストに、就任。現在に至る。
ソリストとして、スイスロマンド、ポーランド放送、マッジオムジカーレ(フィレンツェ)、G・エネスコ(ルーマニア)、ポルツハイム室内、ヴィルトゥオージ・イタリアーナ(ヴェローナ)、等、著名オーケストラと共演。
室内楽奏者としても、ルガーノ・カルテットのメンバーとして活動。 また、イブリー・ギトリス、コルヤ・ブラッヒャー、ミクロス・ペレーニ、等、著名演奏家と共演。
現在、国立“ルガーノ音楽院大学”教授として、後身の指導にもあたっている。

小森谷 泉(piano)

小森谷 泉(ピアノ)
 桐朋学園で森安芳樹、井口基成の各氏に師事。
1975年第44回日本音楽コンクール第1位。77年日本ショパン協会例会でデビュー。同年ジュネーブ音楽院に留学、ルイ・ヒルトブラン氏に師事。79年ロン=ティボー国際コンクール銀メダル。80年マリア・カナルス国際コンクール室内楽部門第2位。同年ジュネーブ音楽院卒業。
以後、国内各地及びスイス、ドイツ、フランス、イタリア、ルーマニア等ヨーロッパにおいてリサイタル、コンチェルト、室内楽の演奏会を行い、またテレビ、ラジオ等の録音分野においても高い評価を得ている。92年大阪文化祭本賞受賞。2003年度は母校の海外研修生としてルガーノのスイス・イタリアーナ音楽院にて研鑽を積む。現在、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学講師として後進の指導にもあたっている。

このページに関するお問合せ先
田辺市 教育委員会 文化振興課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-0028 和歌山県田辺市高雄一丁目23番1号 TEL 0739-26-9943 FAX 0739-25-6029
最終更新日:201683