田辺市HOME > 秘書課 > 活動記録 [秘書課] > 市長の活動記録【令和2年6月】

市長の活動記録【令和2年6月】

このページでは、市長の主な活動を報告します。 日々の業務や行動などの記録です。

(直近における市長の活動の様子は、【田辺市秘書課公式フェイスブック】をご覧ください。)

【ラジオ取材対応】
令和2年6月1日(月)、30日(火)[場所 田辺市役所 ]

 ラジオインタビュー ラジオインタビュー
 市内に所在するラジオ局(FM TANABE、WBS和歌山放送)の番組に出演し、臨時議会において議決された、地域活性化商品券事業(プレミア商品券)や観光需要喚起及び地域経済活性化を図るため、田辺市民を対象にした「じもたびキャンペーン」の実施などについてインタビュー対応を行うとともに、ラジオを通じて市民の皆様に向けたメッセージを発信しました。新型コロナウイルスの感染拡大も一定落ち着きを取り戻しつつある今、市民一丸となって、共に田辺(市内の事業所の方々)を盛り上げていきましょう。

 

【(新型コロナウイルス感染症対策に係る)寄付物品・寄付金の受領】
令和2年6月2日(火)~15日(月)[場所 田辺市役所]

 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 新型コロナウイルス関係寄付

【※写真は寄付いただいた方の一部です】
 全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大するとともに、社会活動・経済活動が落ち込んでいる状況下にあって、市民の皆様、市内事業所の皆様から、本市にマスクや消毒液、寄附金など温かいご寄附の申し出が多数寄せられ、市長は、市民を代表して謝意をお伝えするとともに、新型コロナウイルス感染症の長期化が予想される中で、感染防止対策に努めるとともに事業所の皆様が事業を継続していけるように、引き続き市として支援していくことを申し上げました。
※寄附にあたっては公表を望まない方もいらっしゃるため、上記写真は一部となります。
※これまで新型コロナウイルス感染症拡大防止に関連して寄附いただいた方(非公開は除く)の【寄附一覧はこちら】

 

【関係人口養成講座「たなコトアカデミー」修了生たちとのオンラインミーティング】
令和2年6月6日(土)[場所 田辺市役所 市長室]

 オンラインミーティング オンラインミーティング
 田辺市では、令和元年度から、都会に居住しながらも“地方の暮らしに興味がある” “地方に関わりたい”と志を強く持った方を対象にした関係人口養成講座『たなコトアカデミー』を開催しており、新型コロナウイルスにより社会生活や経済活動が大きな影響を受ける中、『たなコトアカデミー』受講生たちが「こんな時だからこそ、田辺を応援できることはないか」と自主的にオンラインミーティングを重ね、様々な構想を考えていただいており、市長は「たなコトアカデミー」受講生とオンラインミーティングにて意見交換会を行いました。

 

【紀伊田辺ライオンズクラブからの寄附】
令和2年6月17日(水)[場所 紀陽銀行 会議室]

 寄付(田辺ライオンズクラブ) 寄附
 「新武道館」での活用にとウォータークーラー2台と製氷機1台が寄贈されることとなり、市長は紀伊田辺ライオンズクラブ例会で執り行われた贈呈式に出席しました。
市長は、市内外の方々が多く訪れることとなる「新武道館」にとって利用価値の高い機器を贈呈いただくことに、市民を代表して謝意をお伝えしました。 ※新武道館は、本年10月に竣工を予定しております。

 

【田辺市熊野ツーリズムビューロー社員総会】
令和2年6月29日(月)[場所 田辺市教育研究所 会議室]

 ビューロー総会

 市長は、一般社団法人 田辺市熊野ツーリズムビューローの令和2年度定時社員総会に出席しました。令和元年度(2019年度)の会計決算では、「旅行事業売上金」が561,234,020円と過去最高額と5億円の大台突破となっています。残念ながら、現在は新型コロナウイルス感染症により世界規模で甚大な影響を及ぼしておりますが、観光業に携わる方々の生活のためにも、まずは市内や県内、国内をターゲットにした来訪者の獲得に向け、田辺市もできる限りの支援に努めてまいります。

 


市長の活動に係る最新情報は、こちらをご覧ください。

秘書課公式フェイスブックこのリンクは別ウィンドウで開きます

田辺市秘書課公式フェイスブックページ
(新しいウィンドウで開きます。)


このページに関するお問合せ先
田辺市 秘書課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9910 FAX 0739-22-5310
最終更新日:202085

市長の活動記録(バックナンバー)