田辺市HOME > 保険課 > 国保の給付について

国保の給付について

療養費

 被保険者の方が病気やけがをしたときに医療機関でかかった医療費の自己負担割合は、次のとおりです。

急病等、緊急その他やむを得ない理由で、医療機関に保険証を提示できなかったとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • かかった医療費の領収書
  • 診療内容明細書(レセプト)
  • 印鑑
  • 世帯主名義の通帳
  • 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類

医師の指示で、あんま、はり、灸、マッサージなどの施術を受けたとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • かかった医療費の領収書
  • 医師の同意書
  • 施術内容と費用が明細な領収書等
  • 印鑑

骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • かかった医療費の領収書
  • 施術内容と費用が明細な領収書等
  • 印鑑
  • 世帯主名義の通帳

療養の給付を受けられないコルセット・ギブスなどの補装具を購入したとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 医師の証明書・領収書
  • 印鑑
  • 世帯主名義の通帳
  • 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類

輸血のための生血代を負担したとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 医師の理由書か診断書
  • 輸血用生血受領証明書
  • 血液提供者の領収書・印鑑
  • 世帯主名義の通帳
  • 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類

海外療養費

 海外旅行等にでかけた人が、病気やけがで海外の病院等で治療をうけた場合、所定の申請書により申請していただきますと、支払った治療費の一部について、支給(療養費の支給)が受けられる場合があります。

支給される範囲

 以下を除く、日本国内で同様な病気にかかった場合の、国民健康保険で扱う範囲内。
※保険のきかない診療・差額ベッド代・美容整形・高価な歯科材料や歯列矯正・治療を目的に海外へ行き治療を受けた場合(臓器移植など)

支給される金額

 海外の病院等での治療費は各国によって異なります。
 海外治療費は、日本国内での同様の病気やけがで国民健康保険で治療を受けた場合を標準として決定します。
 実際に支払った額が大きい場合は、標準額から一部負担金相当額を控除した額が支払った額が小さい場合は実費額から一部負担金相当額を控除した額が支給されます。
 また、支給額算定の際には、支給決定日の外国為替換算率(売レート)が用いられます。

手続きの仕方

このページに関するお問合せ先
田辺市 保険課 庶務係 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9924 FAX 0739-26-9961
最終更新日:201614