田辺市HOME > 市民課 > 国民年金[市民課] > 公的年金給付の種類

公的年金給付の種類

65歳になったとき

老齢基礎年金

国民年金に加入していた人が、受給資格要件を満たしていれば、65歳に達したときから支給されます。繰り上げや繰り下げ請求もできますので詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

老齢厚生年金

 厚生年金を納めた人が、老齢基礎年金の受給権を得たときに、老齢基礎年金に上乗せされる形で支給されます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

障害者になったとき

障害基礎年金・障害厚生年金

 国民年金や厚生年金に加入中または20歳前などに初診日のある病気・けがで障害者になったときに支給されます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

特別障害給付金

 国民年金に任意加入しなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障害者の方について、国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情にかんがみ、福祉的措置として「特別障害給付金制度」が創設されました。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

死亡したとき

遺族基礎年金・遺族厚生年金

 国民年金に加入したことがあり、保険料納付要件を満たした人が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた子のある配偶者または子に支給されます。また、厚生年金に加入中の人が在職中に死亡した場合や、老齢厚生年金の受給権者などが亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた遺族に支給されます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

寡婦年金

 老齢基礎年金の受給資格のある夫が年金を受けずに死亡した場合に、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計維持されていた妻に60歳から65歳に達するまで支給されます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

死亡一時金

 国民年金保険料を3年以上納めた人が年金を受けずに亡くなり、遺族基礎年金を受けられない場合に、生計同一の遺族に支給されます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

その他

短期在留外国人の脱退一時金

 日本国籍を有しない方が、国民年金、または厚生年金保険の被保険者資格を喪失し、日本を出国した場合、日本に住所を有しなくなった日から2年以内に脱退一時金を請求することができます。詳しくは、日本年金機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

請求について

各種年金の請求については、日本年金機構ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

このページに関するお問合せ先
田辺市 市民課 庶務年金係 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9925 FAX 0739-23-1848
最終更新日:201835