田辺市HOME > 生涯学習課 > 『田辺市生涯学習推進計画』策定について

『田辺市生涯学習推進計画』策定について

田辺市と田辺市教育委員会では、より一層の生涯学習活動の充実を目指して、「田辺市生涯学習推進計画」を策定しました。この計画は、市民一人ひとりが学びを通して自己を高め、学びの成果が地域で生かされ、地域づくりにつながる市民を主体とした生涯学習社会の実現のために、今後10年間の方針を定めたものです。(平成20年3月策定)

策定までの経過   計画の内容


策定までの経過

 できるだけ多くの市民の皆さんが計画策定のプロセスに参画いただき、地域の現状や課題を市民と行政が共有することにより、共にこれからの地域づくりを考える機会として取り組みました。

(1)市民意識調査(アンケート)

目的

 田辺市民の生涯学習に対する意識や要望等を把握し、計画づくりに反映するために実施。

時期

平成19年3月下旬〜4月下旬

対象

 15歳以上の市民を対象とし、生涯学習センター、各公民館、社会教育施設等の利用者2,200人に配布。

回収

 1,171枚を回収し、回収率は53.2%。

(2)地域シンポジウム

目的

 田辺市の公民館単位で実施し、地域課題などについて市民と行政が共有するとともに、計画策定への市民参画の場とする。
 地域の課題や解決策、公民館の果たす役割などを市民が話し合いをすることにより、生涯学習の重要性を認識し、地域づくりを進めていくことを目指す。

時期

 平成19年5月〜9月

主催

 公民館単位で、地域シンポジウム実行委員会を組織して、教育委員会と共催で実施。

内容

  1. ミニ講演「いま、なぜ生涯学習計画なのか」
    和歌山大学生涯学習教育研究センター 山本健慈教授または堀内秀雄教授
  2. ワークショップ「地域のことを話し合おう」
    グループに分かれて地域課題や公民館活動のあり方等を話し合う。

対象

 市民ならどなたでも参加可。

実施

 市内11会場で622名の参加。2,619件の意見をいただく。

(3)生涯学習懇話会

目的

 計画策定にあたり、広く市民及び学識経験者等の意見を反映するために設置。

委員

 社会教育委員13名のほか、大学教授1名(和歌山大学)、社会教育関係団体等からの推薦者2名(公民館長、人権擁護連盟理事)、市民からの公募2名の計18名。

会議

 平成19年7月から平成20年3月にかけて、4回の会議と、自主勉強会を開催。

(4)生涯学習会議

目的

 教育委員会の係長級以下の職員21名で作業グループを組織。計画策定にあたり、施策の現状と課題を抽出し、また、市民からの意見を反映しながら素案の作成に取り組む。

会議

 合同会議、随時の調整を含め年間を通じて取り組む。
 なお、関係各課(政策調整課、広聴広報課、人権推進課、総務課、環境課、健康増進課、やすらぎ対策課、保健福祉総務課、子育て推進課)との協議も随時行う。(課名はいずれも平成19年度3月末のもの)

(5)専門的アドバイザー

目的

 計画策定にあたり、高度かつ専門的な知識を有する高等教育機関(和歌山大学)から指導・助言をいただく。

内容

 アンケート結果の分析、地域シンポジウムの運営指導・結果報告の分析など。


計画の内容について

このページに関するお問合せ先
田辺市 教育委員会 生涯学習課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-0028 和歌山県田辺市高雄一丁目23番1号 TEL 0739-26-4908 FAX 0739-25-6029
最終更新日:20151020