前のページへ戻る
田辺市HOME > たなべ営業室 > プレスリリース > 富山大学地域連携推進機構と田辺市との覚書締結について

富山大学地域連携推進機構と田辺市との覚書締結について

このページに関する お問合せ先 田辺市 たなべ営業室 TEL 0739-33-7714

締結式について

toyama

 富山大学地域連携推進機構(機構長:鈴木基史)と田辺市(市長:真砂充敏)では、平成28年1月29日、富山大学において、人材育成の連携に関する覚書を締結いたしました。

写真は締結式にて握手を交わす富山大学地域連携推進機構 鈴木機構長(左)と池田副市長(右)

背景

 田辺市では、世界遺産登録10周年や合併10周年など大きな節目を迎えるのを機に、平成26年4月より、「交流人口の増加」と「地域経済の活性化」を目指した「価値創造プロジェクト」を推進してまいりました。その取組の大きな柱の一つとして、富山大学地域連携推進機構教授である金岡省吾氏の助言・指導を仰ぐとともに、価値創造プロジェクト検討委員会委員長として取りまとめ頂く中で、「戦略ビジョン・戦略プラン」を策定してまいりました。
 こうした計画を策定していくにつれ、地域づくりを一過性のものではなく、持続性の高いものとするためには、地域課題をビジネスの手法で解決していくことの重要性を認識し、富山大学地域連携推進機構からそのノウハウを学ぶとともに、同機構が手掛ける「魚津三太郎塾」や「たかおか共創ビジネス研究所」などを参考にした人材育成事業の実践に向け、この度、「人材育成の連携に関する覚書」の締結に至りました。

今後の展開

 富山大学地域連携推進機構が展開する地域づくりは、産学官金連携により、地域人材を育成しつつ、地域プロジェクトの立案・稼働を行うことができる地域システムを形成する手法であり、こうした取組を実践するためには、田辺市職員の育成は不可欠であるため、覚書締結後、田辺市職員を同機構に派遣し(非常勤)、ノウハウを習得させることで、事業推進に向けて共同研究活動を展開いたします。
 また、同機構から助言・指導を仰ぎながらカリキュラムを構築するとともに、その運営にあたっても、数回にわたり、講義や指導を行うことで、受講生にノウハウを習得させ、最終的に受講生自らがビジネスプランを立案する人材育成事業を実施いたします。

関連事業


関連部署等のご案内

田辺市熊野ツーリズムビューロー
世界遺産 熊野本宮館
田辺市立美術館
熊野古道なかへち美術館
南方熊楠顕彰館
田辺市イベントカレンダー
その他(各課一覧表)

田辺市のご紹介

田辺市の観光(田辺市熊野ツーリズムビューロー)
熊野古道について
田辺市の地域産品

外部サイトリンク

和歌山県
和歌山県観光情報
南紀みらい株式会社
田辺観光協会
龍神観光協会
熊野本宮観光協会
大塔観光協会
なかへち観光協会


たなべ営業室

『たなべ営業室』トップ


最終更新日: 2017830

前のページへ戻る
田辺市HOME > たなべ営業室 > プレスリリース > 富山大学地域連携推進機構と田辺市との覚書締結について

田辺市 たなべ営業室
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
TEL 0739-33-7714(直通) FAX 0739-22-5310
お問い合わせフォーム  田辺市ホームページ