田辺市HOME > 水産課 > 漁業就業(弟子入り)体験事業

漁業就業(弟子入り)体験事業

目的

 漁業を職業としようとする方への機会を提供し、田辺市内において漁業の担い手としての就業を促すため、「漁業就業体験」を実施します。

内容

講師(漁師)とともに漁船に同乗し、漁の準備から後片付けまでを体験(最大3日間)

※事前に面談等を行い、乗船を認められた方のみとさせていただきます。

対象者

 対象者は、次の要件をすべて満たす者とします。

 (1)原則として15歳以上50歳未満の方。(未成年の場合は保護者の同意が必要です。)

 (2)真剣に田辺市内で漁業に就業したいと考え、専業での漁業就業を目指す方。

 (3)暴力団員等及び暴力団関係者でない方。

 ※漁業者の子弟の方の場合は、別途相談をさせていただきます。

実施・募集期間

 令和3年4月2日~令和4年2月末頃まで(募集期間は令和4年1月までとなります。)

 ※上記期間の中で日程調整の上、随時実施します。

 ※漁や天候等の状況により、募集期間の終了時期が早くなる場合があります。

実施までの手順(例)

 1.申込書PDFファイル(41KB)誓約書PDFファイル(34KB)、市販の履歴書(写真添付)を市水産課まで送付してください。

 2.受け入れする漁業協同組合及び講師を調整の上、面談日程等の連絡をさせていただきます。

 ※講師等の調整がつかない場合は、漁業体験を中止もしくは延期させていただくことがあります。

 3.受け入れする漁業協同組合、講師(漁師)、市職員等との面談(半日程度)

 ※面談を行い、乗船を認められた方のみ漁業体験にご参加いただけます。

 4.漁業体験(1日~3日)

 5.漁業体験終了後、研修日誌を市水産課までに提出していただきます。

参加費

 漁業体験に係る講師料は市が負担します。

 ただし、漁業体験を受けられる方の居住地から集合場所までの交通費及び滞在費、漁業体験における保険料、

 服装・小物等の準備物等は参加者にご負担していただきます。

注意事項

 (1)レジャー目的の方は固くお断りします。

 (2)講師の指示に従うとともに、許可なく機器、機材に触れないでください。

 (3)漁業体験を行う場合は、あらかじめ傷害保険等にご加入いただきます。

 (4)下記準備物については、漁業体験当日までに各自でご準備ください。

 (例)着替え、タオル、カッパ、長靴、軍手、飲み物、弁当、酔い止め薬など

 (5)天候等の状況により、体験事業を中止もしくは延期することがあります。

このページに関するお問合せ先
田辺市 水産課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9932 FAX 0739-22-9898
最終更新日:20211020