田辺市HOME > 廃棄物処理課 > 田辺市ごみ処理場 [廃棄物処理課]

田辺市ごみ処理場

施設概要

施設外観

  • 所在地:田辺市元町2291番地の6
  • 敷地面積:約27,000m2
  • 着工:平成5年6月29日
  • 竣工:平成8年3月20日
  • 処理能力:75t/日

建築概要

  • 工場棟(管理棟含む):鉄筋コンクリート造、および鉄骨造建築面積:2,975m2 延床面積:5,427m2
  • 職員詰所:建築面積:753m2 延床面積:1,345m2
  • 煙突:外筒:鉄筋コンクリート造 内筒:鋼板製 高さ:50m

設備概要

設備概要図

  • 炉形式:准連続燃焼式焼却炉(ストーカ式)
  • 燃焼ガス冷却方式:水噴射式
  • 炉運転時間:24時間連続運転
  • 受入供給方式:ピットアンドクレーン方式
  • 排ガス処理方式:有害ガス除去装置+バグフィルタ
  • 排水処理方式:クローズドシステム(無放流)
  • 灰出し方式:(バンカ方式)

施設の特色

排ガス対策

ごみを燃焼した時に出る排ガス中のばいじんは、高性能の集じん装置(バグフィルタ)で非常に厳しい基準値以下となるよう処理されます。また、塩化水素は有害ガス除去装置で処理されます。

集じん灰対策

集じん装置(バグフィルタ)で捕集されたばいじんは、最終処分場での重金属の溶出を防止するため、ダスト固化装置(セメントおよびキレート添加)で固化され、最終処分場での安定化をはかります。

汚水対策

ごみ汚水は焼却炉内に噴霧蒸発処理し、その他の汚水は排水処理設備で処理したのち、施設内で再利用するクローズドシステムとしています。

臭気対策

ごみピットから発生する臭気は、エアカーテンなどにより外部と遮断し、さらに燃焼用空気として焼却炉へ送り、800〜950℃の高温で分解して無臭となります。
炉停止時は、脱臭設備で臭気を分解し、屋外へ放出します。

最終処分場維持管理情報

ごみ焼却施設の維持管理情報

このページに関するお問合せ先
田辺市 廃棄物処理課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-0053 和歌山県田辺市元町2291-6 TEL 0739-24-6218 FAX 0739-24-4068
最終更新日:2015112