前のページへ戻る
田辺市HOME > たなべ営業室 > 田辺市地域おこし協力隊募集(平成29年度)

田辺市地域おこし協力隊募集(平成29年度)

このページに関する お問合せ先 田辺市 たなべ営業室 TEL 0739-33-7714

4名の協力隊が活躍中です!

 田辺市では、地域の受入団体に協力隊を派遣する制度としています。地域の皆さんと考え方を共有しながら地域と一緒に取り組んでいただける方のご応募をお待ちしています。

 平成28年度より地域おこし協力隊を導入し、現在4名が活躍中です。

 少しずつ地域に馴染み、試行錯誤しながら、新たな取り組みに着手しています。

kyouryokutai

  和歌山県田辺市は、平成17年に5市町村が合併、近畿で最も広い面積を有する市となりました。

 当地域は古くから紀南地方の交通の要衝として栄えてきましたが、この広大な市域の中には、美しい海、山、川の大自然をはじめ、世界遺産に登録された「熊野古道」に代表される古い歴史や文化など、人々の心と身体を癒すたくさんの地域資源があります。

 また、温暖な気候のもと、紀州梅や柑橘の栽培が盛んで、他にも新鮮な魚介類が豊富であるなど、多くの食資源にも恵まれたまちです。

 しかし、山間部や市街地では全国平均より早いスピードで人口減少が進行し、これまで地域を守ってきた担い手が不足することで、世界遺産をはじめとして、田辺市が有する多くの資源を保全・活用していくことが困難になりつつあります。

 こうした地域課題の解決に向け、地域が主体となり、地域の強みを生かした新たな価値を創造することにより、訪れる人や交流する機会が増え、地域の雇用を生み、ひいては地域の担い手の育成及び確保につながるといった好循環を生み出すことで、持続的な地域づくりが可能になるものと考えております。

 田辺市では、こうした持続可能な地域づくりに向け、新たな視点で地域の課題や強みを見つけ、地域の方々とともに力を合わせて地域づくり活動に取り組んでいただける方を募集いたします。

 fukankodotanada

 田辺市地域おこし協力隊募集要項PDFファイル(296KB)

 応募用紙ワードファイル(35KB)

(1)山村活性化型

 協力隊の活動を円滑に行うためには、地域に馴染み、地域と一緒になって取り組むことが重要となります。

 そのため、田辺市では活動内容を明確にすること、世話人を置くこと、地域内に住宅を確保することを条件に受入団体を募集、ヒアリングの結果、下記の2団体を選定し、地域が主体的に受け入れる制度を構築いたしました。

受入団体

NPOええとこねっと龍神村(田辺市龍神村全域)

中辺路の里で田舎暮らし!元気人応援隊(田辺市中辺路町峰地区)

 

(2)市街地活性化型

 まちづくり会社である南紀みらい株式会社に派遣し、市街地における人口減少や高齢化、商店街の衰退等の地域課題に対し、空き家・空き店舗等の遊休不動産を活用したリノベーションまちづくりによる新規開業支援、移住支援を行い、雇用の創出、賑わいや地域コミュニティの再生を図り、エリアをリノベーションすることで市街地活性化を目指します。

受入団体

南紀みらい株式会社

 

募集対象

(1)年齢・性別は問いません。

(2)生活の拠点を、三大都市圏内をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)から和歌山県田辺市に移し、かつ住民票を異動できる方。(詳細はお問い合わせください。)

(3)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格事項に該当しない方

(4)心身ともに健康で、地域住民と協力しながら、地域おこし活動に取り組むことができる方

(5)任用(雇用)期間の終了後、田辺市内に定住及び定着をする意思がある方。

(6)普通自動車免許を有する方(活動用の公用車は市で用意しますが、日常生活を送るうえで自動車が必要です。持込みされることを強くお勧めします。)

(7)パソコンの操作(メール送受信、エクセル、ワードなど)ができる方

(8)活動に際して、市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方。

募集人員

3名(それぞれの団体に1名ずつ派遣)

勤務日及び勤務時間

(1)活動日数は原則として週5日とします。

※休日は、着任する地域によって曜日が変わります。

※休日に出勤した場合は振替対応を原則とします。

(2)標準的な活動時間は午前9時から午後5時まで週35時間を基本とします。

※ただし、受入団体との協議により大きく変わる可能性があります。

※活動時間以外で業務に支障がなければ、兼業についても認めます。

(3)休暇は田辺市嘱託職員に準じます。

雇用形態及び期間

(1)田辺市嘱託職員(非常勤特別職)として、市長が委嘱します。

(2)雇用期間は、平成29年10月1日から平成30年3月31日までとします。(年度ごとの委嘱・任用となり、委嘱の日を起算日として最長3年まで任用を更新する場合があります。)

※着任時期については、受入団体との協議により、平成30年3月末までの間で調整させて頂くことが可能です。

(3)隊員としてふさわしくないと判断した場合は、任用期間中であってもその職を解くことができるものとします。

報酬

月額166,000円

(ただし、市街地に派遣される場合で宅地建物取引士、土地家屋調査士、建築士などの資格を有する方及び同等の能力を有すると判断できる場合は月額208,000円とする。)

※報酬から社会保険料等を控除します。

※賞与、時間外手当、退職手当等の各種手当の支給はありません。       

待遇及び福利厚生

(1)着任地域での住居については、受入団体にてご用意します。家賃は下記金額を上限に市が負担します。ただし、賃貸借契約に係る仲介手数料(家賃の1か月分)が必要となりますので、ご負担をお願いいたします。〈山村地域30,000円 市街地60,000円〉

(2)水道光熱費(水道・電気・ガス)は、自己負担となります。

(3)活動に必要な公用車、パソコンは隊員一人ひとりに貸与します。車両燃料費は市が負担。

 ※市街地については、公用車を支給しません。

(4)消耗品購入等の活動に必要な経費は、予算の範囲内で市が負担します。

(5)市で社会保険等(厚生年金、健康保険、雇用保険)に加入します。

(6)着任準備に要する経費(引越し費用、生活備品等)は、自己負担となります。

(7)研修参加に伴う参加費や旅費等は予算の範囲内において支給します。

応募方法

(1)提出書類

・応募用紙(指定様式)

 応募用紙ワードファイル(35KB)

・履歴書(市販のもの)

・応募動機(様式は任意、400字程度)

(2)申込受付期間

平成29年8月10日(木)午後5時必着

なお、履歴書をはじめ提出いただいた書類は返却しません。

選考方法

(1)第1次選考[書類選考]

書類選考結果を8月15日(火)までに応募者全員に文書で通知します。

(2)第2次選考[面接(地域とのマッチング)]

第1次選考合格者を対象に、受入団体との面談(地域とのマッチング)、行政担当者による説明などを行います。

なお、全ての受入団体と面談していただくことが可能です。

<選考日>平成29年8月20日(日)

<会 場>田辺市役所別館3F大会議室 (和歌山県田辺市新屋敷町1番地)

※第2次選考のために必要な交通費等は、自己負担となります。

※詳細については、第1次選考合格者にご案内いたします。

(3)最終選考結果報告

選考結果は、8月下旬までに文書にて通知します。任用内定後、受入団体世話人との顔合わせや住居の確認などを経て、平成29年10月1日以降の委嘱・着任となります。

※着任時期については、受入団体との協議により、平成30年3月末までの間で調整させて頂くことが可能です。

問合せ・応募先

〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地

田辺市役所企画部たなべ営業室 TEL0739-33-7714(直通) FAX0739-22-5310(代表)

e-mail:tanabe.eigyou@city.tanabe.lg.jp

※土日祝日及び開庁時間(午前8時30分~午後5時15分)外のお問い合わせは、メールまたはFAXにてお受けいたします。

※活動地域の下見等を希望される方はご相談ください。

関連事業


関連部署等のご案内

田辺市熊野ツーリズムビューロー
世界遺産 熊野本宮館
田辺市立美術館
熊野古道なかへち美術館
南方熊楠顕彰館
田辺市イベントカレンダー
その他(各課一覧表)

田辺市のご紹介

田辺市の観光(田辺市熊野ツーリズムビューロー)
熊野古道について
田辺市の地域産品

外部サイトリンク

和歌山県
和歌山県観光情報
南紀みらい株式会社
田辺観光協会
龍神観光協会
熊野本宮観光協会
大塔観光協会
なかへち観光協会


たなべ営業室

『たなべ営業室』トップ


最終更新日: 201777

前のページへ戻る
田辺市HOME > たなべ営業室 > 田辺市地域おこし協力隊募集(平成29年度)

田辺市 たなべ営業室
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
TEL 0739-33-7714(直通) FAX 0739-22-5310
お問い合わせフォーム  田辺市ホームページ