田辺市HOME > 田辺市立美術館 > 展覧会[田辺市立美術館]

2019年度 展覧会予定案内

更新情報

小企画展 戦後の表現

4月20日(土)~6月23(日) [57日間]

戦後に展開した新しい美術表現を、収蔵品を軸に紹介します。
「版画」、「織の造形」、「絵画と彫刻」の三つの章で、多彩な作品を展示します。

世界遺産登録15周年記念展 描かれた滝

7月6日(土)〜9月23日(月・祝) [69日間]

「紀伊山地の霊場と参詣道」のユネスコ世界遺産登録15周年を記念して、熊野のシンボルともなっている「滝」の表現をテーマにした展示を行います。田辺市立美術館では、文人画と南画の表現に注目して開催します。

館蔵品展 文人画コレクション

10月12日(土)~11月24日(日) [37日間]

当館が収蔵する文人画作品から、「真景図」やさまざまな心象を写す風景の表現を紹介します。

小企画展 原勝四郎と紀南の画家たち

12月7日(土)~1月19日(日)[31日間]

フランスを放浪して帰国した後、当地を離れることなく制作を重ねた原勝四郎(1886-1964)の作品を、交流した紀南の画家たちの作品とともに展観します。

特別展 岸田劉生展 -写実から、写意へ-

2月1日(土)〜3月22日(日) [43日間]

大正から昭和にかけての時期に強烈な個性を発揮し、西洋的な「写実」の受容から、独特の東洋的な「写意」へと帰結していった岸田劉生(1891-1929)の表現の軌跡を、笠間日動美術館のコレクションを軸にして振り返ります。

最終更新日:2019423
  • 戦後の表現
  • 描かれた滝
  • 文人画コレクション
  • 原勝四郎と紀南の画家たち
  • 岸田劉生展 -写実から、写意へ-