田辺市HOME > 田辺市議会 > 田辺市手話言語条例の制定について

田辺市手話言語条例の制定について

 人は、多様な感情や複雑な思考を言語によって表現し、他者との関係性を築くことで社会を構成してきました。手話は、手話を必要とする人にとって、他者との意思疎通を図る上で必要な言語です。
 平成18年に国際連合総会で採択された障害者の権利に関する条約において、言語には手話その他の形態の非音声言語を含むことが明記され、また我が国においても、平成23年に改正された障害者基本法において、言語に手話が含まれていることが規定されましたが、手話に対する理解は未だに十分とはいえない状況にあります。
 わたくしたち田辺市民は、人権を守り、たがいに助け合い、明るく平和なまちをつくることを市民憲章に掲げ、市民一人ひとりがその実現に努めることを約束しています。こうした中、市は、手話が言語であるとの認識に基づき施策を推進し、手話を必要とする全ての人が広く社会参加する機会を得て、心豊かに暮らせるまちづくりに資するため、令和元年第3回(9月)定例会において、議員提案により、「田辺市手話言語条例」を全会一致で可決し、制定しました。

田辺市手話言語条例 PDFファイル(125KB)

このページに関するお問合せ先
田辺市 議会事務局 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9940 FAX 0739-25-5579
最終更新日:2019930

田辺市議会目次

田辺市議会について
定例会・臨時会
請願・陳情の手続き
議会の傍聴・会議録の閲覧
田辺市議会ガイドブック
議会活動

PDFファイル(PDFファイル)の表示や印刷には、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダーが必要です。
Adobe Readerは、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手できます。
adobe

 音声ファイル(MP3)は、標準のブラウザ等であれば、リンクをクリックすれば自動的に再生されます。
 データが再生されない場合や、ダウンロードに時間がかかる場合は、ファイルをパソコンに保存してから再生してください。

議会事務局トップ