田辺市HOME > 秘書課 > 活動記録 [秘書課]

市長の活動記録【平成30年6月】

このページでは、市長の主な活動を報告します。日々の業務や行動などの記録です。

(直近における市長の活動の様子は、【田辺市秘書課公式フェイスブック】をご覧ください。)

【日本クアオルト協議会総会】
H30.6.4(月)[場所 都道府県会館(東京都千代田区)]

日本クアオルト協議会総会 日本クアオルト協議会総会
 日本クアオルト協議会平成30年度総会に出席し、同協議会の会長として挨拶を行いました。
 本協議会は、日本の風土や社会風習・伝統文化に適合し、温泉などの地域資源を活用しながら、医科学的な裏付けを持つ健康づくりプログラムを提供する、滞在型で質の高い生活環境を有した健康保養地を目指すもので、田辺市のほか山形県上山市や石川県珠洲市など、賛同する全国7市3町で構成されています。

【「梅の日」記念行事 和歌山梅フェア、首相官邸訪問】
H30.6.5(火)[場所 東京大田市場、首相官邸]

和歌山梅フェア 首相官邸表敬訪問
 田辺市周辺の梅産地の市町及びJAなどで組織された「紀州梅の会」では、故事にちなみ、6月6日を「梅の日」と定め、例年各所において梅の日記念式典などの催事を行っております。同会の会長を務める市長は、東京大田市場で開催された『和歌山梅フェア』に参加し、市場関係者にトップセールスを行いました。
 その後、市長は、平安衣装を身にまとった梅娘とともに首相官邸に安倍首相を訪ね、紀州南高梅や梅製品を贈呈し、日本一の「梅」をPRしました。
 

【交通事故をなくする田辺市民運動推進協議会総会】
H30.6.8(金)[場所 田辺市役所]

 交通事故を無くする市民運動 交通事故を無くする市民運動
 平成30年度「交通事故をなくする田辺市民運動推進協議会」総会において、同協議会の会長を務める市長は、推進委員の皆様への委嘱状交付と開会挨拶を行いました。
 

【「高野山・龍神温泉ウルトラマラソン2018」宵宮祭】
H30.6.9(土)[場所 龍神温泉元湯別館]

ウルトラマラソン2018 ウルトラマラソン2018
 「高野山・龍神温泉ウルトラマラソン2018」大会の前日、スタート地点となる龍神温泉にて「宵宮祭」を催行し、市長は出場される選手の皆さんに激励の声掛けをするとともに地域産品等でおもてなしをしました。
 「高野山・龍神温泉ウルトラマラソン大会」は、100キロと50キロの2部門があり、今年は県内外から100キロの部には481名、50キロの部には453名の合計934名ものエントリーがありました。
 

【紀州★ひろげ隊 『紀州パンダリレーの旅』 出発式】
H30.6.11(月)[場所 アドベンチャーワールド正面玄関]

紀州パンダリレーの旅 パンダリレーの旅出発式
 紀州が大好きな方々が有志で立ち上げた「紀州★ひろげ隊」。その皆さんが、紀州の魅力を発信するために紀州パンダが全国を旅するという『紀州パンダリレーの旅』を企画され、市長は近隣町の首長とともに出発セレモニーに出席し、紀州及び田辺市の魅力をPRしました。
 『紀州パンダリレーの旅』は、当地域「紀州」を紹介した冊子などが入った【パンダバッグ】を人から人へリレーして、SNS等の発信を通じて、広く当地域の魅力に触れていただくというものです。
 

【田辺市熊野ツーリズムビューロー社員総会】
H30.6.27(水)[場所 田辺市役所]

熊野ツーリズムビューロー社員総会 熊野ツーリズムビューロー社員総会
 一般社団法人 田辺市熊野ツーリズムビューローの平成30年度社員総会に出席しました。
 田辺市熊野ツーリズムビューローが平成23年に着地型旅行業をスタートして以来、ビューローの旅行事業売上高は毎年連続で増収となり、昨年度(平成29年度)は3億6,397万円と最高額を記録しました。
 人口減少社会への対応やインバウンド戦略、交流人口(関係人口)の増大など、今日の“観光”が果たす役割は大きくなっており、当地方の持続可能な地域づくりに向けて、引き続き田辺市熊野ツーリズムビューローと共に取り組んでまいります。


市長の活動に係る最新情報は、こちらをご覧ください。

秘書課公式フェイスブックこのリンクは別ウィンドウで開きます

田辺市秘書課公式フェイスブックページ
(新しいウィンドウで開きます。)


このページに関するお問合せ先
田辺市 秘書課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9910 FAX 0739-22-5310
最終更新日:201876

市長の活動記録(バックナンバー)