田辺市HOME > 企画広報課 > 大学連携 > これまでの取組

これまでの取組

平成29年度

H29.04.08 和歌山大学経済学部新入生合宿研修

 和歌山大学経済学部の新入生約300 名が、相互の親睦を深め上回生や教員との交流やディスカッションを行うとともに、「地域を志向した初年次教育」の実施を目的に合宿研修を実施しました。4月8日(土)には、扇ヶ浜公園や田辺市街地周辺で体験型学修『旅スルタナベ』が行われ、学生らは、グループに分かれ前年に作成された「ラン☆パラマップ」を活用するなどして自由に地域を歩き、散策ルートを企画しました。 

 wakayama.univ wakayama.univ

平成28年度

H29.02.11 富山大学人文学部フィールドワーク

 2月11日(土)から16日(木)にかけて、「田辺市における都市文化の発見と発信にむけた試み」をテーマに、昨夏に引き続き2回目のフィールドワークが実施され、学生20名が参加しました。
 受入地の公民館では、交流会が開かれるとともに、成果の一端も報告されました。

toyama-univ toyama-univ

H29.02.08 追手門学院大学地域創造学部フィールドワークに係る成果報告会

 H28.10に実施された追手門学院大学の学生らによるフィールドワークの成果報告会を市と共同で実施し、田辺市本宮町の農文化に着目したヒアリング調査結果の報告や、旅行企画案の提案、地球の歩き方T&Eウェブサイト「日本の歩き方」掲載のコラムが発表されるとともに、受入関係者らとの意見交換を行いました。
 また、次年度の活動予定についても報告があり、引き続き本宮町を中心としたフィールドワークの実施や、海外に向けた市の情報発信、国内外における学会での研究成果発表などが行われることとされました。

H28.11.02 和歌山大学観光学部フィールドワーク

 11月2日(水)から3日(木・祝)の期間で、「地域から学ぶサスティナビリティ~観光の視点を活かした持続可能な地域発展にむけて」をテーマに和歌山大学観光学部「環境と観光」に関する集中講座及びフィールドワークが、中辺路地域で実施され学生14名が参加しました。
 11月3日(木・祝)には、第10回近野まるかじり体験が同地域で開催されており、会場案内や販売、写真撮影などの手伝いを通じて、地域の特徴を活かしたイベントの現状や移住者による新しい試みなどを調査しました。

H28.10.22 追手門学院大学地域創造学部フィールドワーク

 10月22日(土)から23日(日)の期間で、追手門学院大学地域創造学部の2年次生を対象に「地域創造実践演習(基礎)」として、田辺市本宮町を中心にフィールドワークが実施され、学生15名が参加しました。
 今回の目的は、田辺市を目的地とした旅行企画案造成の素材探しと、旅行会社のHP 掲載用(予定)の記事材料となる魅力探しにあり、学生はこれまでの文献調査等で調べた地域情報を基に、本宮町内において農文化に着目したヒアリング調査を実施しました。

H28.09.18 和歌山大学観光学部フィールドワーク

 9月18日(日)から19日(月・祝)の期間で、、「地域から学ぶサスティナビリティ~観光の視点を活かした持続可能な地域発展にむけて」をテーマに和歌山大学観光学部「環境と観光」に関する集中講座及びフィールドワークが、中辺路地域で実施され学生14名が参加しました。
 観光の視点からのサスティナビリティ(持続可能性)について提案と解決策を探るべく、地域の代表者から地域の活動とその現状、課題などを聞き取りました。

H28.09.12 和歌山大学経済学部 市街地周辺飲食店マップ作成

 和歌山大学経済学部と田辺市との連携により市街地周辺の飲食店マップを作成することとなり、9月12日(月)から14日(水)の期間で調査活動を実施し学生13名が参加しました。調査結果は、南紀みらい株式会社の協力のもと、同社が発行する「ラン☆パラマップ」に反映し、飲食店情報のほかまち歩きの案内情報も掲載して田辺市観光センターや掲載店に設置されました。

H28.09.10 関西大学人間健康学部フィールドワーク

 9月10日(土)から12日(月)の期間で、関西大学人間健康学部による「野外活動特別演習」が大塔地域で実施され、学生15名が参加しました。
 野外活動等を通じて、企画力、行動力、仲間との協力、安全管理等、実社会で役立つ「生きる力」を養成することを目的としており、屋外での自炊やテント張り、カヌー体験や手作りこんにゃく体験などを行いました。

関西大学 関西大学

H28.08.25 関西大学・堺市地域連携事業「熊野本宮子どもエコツアー」

 関西大学と大阪府堺市との地域連携事業「堺エコロジー大学」の一環として、「熊野本宮子どもエコツアー」が8月25日(木)から28日(日)にかけて本宮地域において実施され、学生30名と堺市内の小学校5・6年生31名が参加しました。川遊びや屋外でのキャンプ、林業体験や稲刈りなどを通じ、豊かな自然の中で環境保全や生き物の多様性を守ることの大切さを学ぶとともに、同地域で開催された「八たの火祭り」にも参加し地域との交流を深めました。

 堺エコロジー大学

20160825_kansai 20160828_kansai 20160826_kansai

H28.08.06 富山大学人文学部フィールドワーク

 8月6日(土)から10日(木)の期間で、「田辺市における都市文化の発見と発信にむけた試み」をテーマに、田辺市の中心部や山間地域、沿岸地域においてフィールドワークが実施され、学生22名が参加しました。
 各地域の生業や日常生活について伝統方言とともに聞取り、外部からの視点による分析を行うことによって、地域の魅力創出を図ることを目的に調査が行われました。

 toyama-univ toyama-univ

H28.07.23 和歌山大学観光学部フィールドワーク

 7月23日(土)から26日(火)の期間で、「田辺祭を世界に発信!~OSMとLocalWikiを活用した、地域資源の発掘と情報発信によるリーダー育成事業~」と題し、田辺市街地においてフィールドワークが実施され、学生11名が参加しました。田辺祭に参加することによって地域と交流し、OSMとLocalWikiを活用して発信することを目的に聞き取り調査を行いました。

20160724_wakayama2

H28.07.10 関西大学人間健康学部田辺扇ヶ浜海水浴場「海の家」運営

 7月10日(日)から8月15日(月)にかけて、関西大学人間健康学部の学生ら41名が南紀みらい株式会社と連携し、田辺扇ヶ浜海水浴場の「海の家」を運営しました。KUカフェと名づけられた海の家では、メニューづくりや店舗のレイアウトをはじめ、仕入れや在庫の管理、SNSを使った広報活動などすべて学生主導で行われるとともに、期間中に開催された田辺祭、ヤーヤー祭り、扇ヶ浜祭りにも学生が参加しました。

関西大学 関西大学 関西大学

H28.04.09 和歌山大学経済学部新入生合宿研修

 和歌山大学経済学部の新入生約300 名が、相互の親睦を深めるとともに、和歌山大学経済学部を知り、上回生や教員との交流やディスカッションを行うことを目的に合宿研修を実施し、4月9日(土)に、扇ヶ浜公園や田辺市街地周辺で体験型学修『旅するたなべ』を行いました。学生らは、グループに分かれて自由に地域を歩き、文化や歴史に触れながら、あるいは地域の人々とふれあいながら散策ルートを企画しました。

和歌山大学 和歌山大学

平成27年度

H28.02.12 関西大学フィールドワーク

 2月12日(金)から15日(月)の期間で、関西大学の学生ら約30名が、熊野古道歩きなどを通し歩行という最も基本的な運動を軸に実体験を通じて自然や文化、環境問題などと関わるこれからの時代の生き方について考え、エコ・ツーリズムの意義を理解することを目的にフィールドワークを実施しました。

H27.11.26 京都大学森里海連環学教育ユニット調査活動

 11月26日(木)京都大学学際融合教育研究推進センターの森里海連環学教育ユニット教員ら4名が、里、山、海及び河川も含めた自然の再生や保全に向けた人々の連携の実態を把握し、今後の連携強化に向けた枠組みを明らかにすることなどを目的に、新庄町の鳥の巣地区を対象に調査を実施しました。

H27.11.21 追手門学院大学地域創造学部フィールドワーク

 11月21日(土)から22日(日)の期間で、追手門学院大学地域創造学部の1年次生を対象に「地域創造実践演習(入門)」として、田辺市本宮町を中心にフィールドワークが実施され、学生20名が参加しました。
 世界遺産地域における観光関連事業の取り組みを知ることを目的に、湯峰温泉、川湯温泉の民宿に分泊して滞在し、観光協会などの取り組みを聞いたり、熊野古道(発心門王子~熊野本宮大社)を歩くなどしました。

H27.10.22 和歌山大学南紀熊野サテライト10周年記念事業「藻谷浩介氏とのまち歩き」

 10月22日(木)和歌山大学南紀熊野サテライトの10周年記念事業として藻谷浩介氏とのまち歩きが行われ、和歌山大学観光学部教員や学生のほか、観光関係者や市長ら約30人が、紀伊田辺駅前をスタートして鬪雞神社や南方熊楠顕彰館など市街地周辺を散策しました。散策後、「住民や訪れる人にとって魅力的なまちとは何か」、「今後の商店街のあり方は」などをテーマに、ランチミーティングが行われました。

H27.04.11 和歌山大学経済学部新入生合宿研修

 和歌山大学経済学部の新入生約340 名が、相互の親睦を深めるとともに、和歌山大学経済学部を知り、上回生や教員との交流やディスカッションを行うことを目的に合宿研修を実施し、4月11日(土)に、扇ヶ浜公園や田辺市街地周辺で体験型学修『田辺クエスト』を行いました。学生らは、グループに分かれて田辺市の歴史や文化、経済に関するクイズ問題を解きながら、それが指し示す正解(目的地)を目指して散策しました。

和歌山大学 和歌山大学

このページに関するお問合せ先
田辺市 企画広報課 企画調整係 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9963 FAX 0739-22-5310
最終更新日:2018614