田辺市HOME > 文化振興課 > 文化協会 [文化振興課] > 田辺市文化協会会則

田辺市文化協会会則

(名称)

第1条 本会は、田辺市文化協会と称する。

(目的)

第2条 本会は、田辺市内(第4条において「市内」という。)の文化団体等が緊密な連絡協調を行うことにより、文化活動の普及及び推進を図り、もって地域文化の向上及び 郷土伝承芸能の保存継承に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)会員相互の連絡協調
(2)展示会、講演会、発表会、演奏会、研究会その他の開催及び参加
(3)文化に関する啓発及び調査研究並びに資料の刊行及び頒布
(4)郷土伝承芸能の保存継承
(5)文化活動の継承及び育成
(6)他の機関、団体との連絡提携
(7)会員の顕彰
(8)その他必要な事業

(会員)

第4条 本会は、第2条の目的に賛同する次の会員をもって組織する。

(1)団体会員(市内を主たる活動の場とする文化団体である会員)
(2)個人会員(市内に居住する個人である会員)
(3)特別会員(国、県又は市の指定文化財として指定を受けている前2号に相当する会員及び次条第5項の規定によりそれに準じるものと認められた前2号に相当する会員)
(4)賛助会員(第2条の目的に賛助する団体及び個人である会員)

2会員である団体に加入している者は、重ねて同一分野の活動を行う個人会員となることはできない。

3前項各号に掲げる会員のその満たすべき事項については別に会長が定める。

(入会)

第5条 本会に入会しようとする者は、所定の入会申込書を提出し、その承認を得なければならない。

2.役員会は、提出された入会申込書が適切であると認めるときは、これを承認するものとする。

3.役員会は、単位団体として本会に入会しようとする申込みがあった場合において、申込みと同一部会、同分野の文化活動をする者について、運営上調整の必要があると認め るときは、これを承認せず、その連合団体により入会するよう指導するものとする。

4.前条第1項第3号に規定する指定文化財として指定を受けた団体又は個人は、当該指定を受けたときに特別会員として入会したものとみなす。ただし、入会を拒否する場合 はこの限りでない。

5.前項に規定する団体又は個人以外の者で、役員会が前項に規定する団体又は個人に準じると認めるものについては、前項の規定を準用する。この場合において「当該指定を 受けたとき」とあるのは「役員会が認めたとき」とする。

6.本会に入会しようとする者は、第1項の承認を受けた上で当該年度の会費を納入しなければならない。ただし、前2項の規定に該当する場合はこの限りでない。

(退会)

第6条 本会を退会しようとする会員は、所定の退会届出書を提出して退会することができる。

2.2年以上、会費を納めない会員は、役員会において退会とみなすことができる。

(役員)

第7条 本会に次の役員を置く。

(1)会長 1名
(2)副会長 4名
(3)理事 各部門10名以内
(4)常務理事 若干名
(5)事務局長 1名
(6)監事 2名

(役員の選出)

第8条 会長、副会長及び監事は、会員の中から総会において選出する。この場合において、副会長は、部門別に会員の中からそれぞれ2名を選出する。

2.理事は、部門別に会員の互選により選出する。

3.常務理事及び事務局長は、会長が委嘱する。

(役員の職務)

第9条 会長は、本会を代表し、会務を総理する。

2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

3.理事は、役員会に参画し、及び各部門会の運営に当たる。

4.常務理事は、本会の業務を掌理する。

5.事務局長は、本会の事務を掌理する。

6.監事は、本会の経理を監査する。

(役員の任期)

第10条 役員の任期は、2年とする。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

2.役員は、再任されることができる。

3.役員は、辞任し、又は任期を満了した後においても後任者が選任されるまで、その職務を行うものとする。

(顧問)

第11条 本会に顧問を置くことができる。

このページに関するお問合せ先
田辺市 教育委員会 文化振興課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-0028 和歌山県田辺市高雄一丁目23番1号 TEL 0739-26-9943 FAX 0739-25-6029
最終更新日:20151026