田辺市HOME > 熊野古道なかへち美術館 > 展覧会[熊野古道なかへち美術館]

2019年度 展覧会予定案内

更新情報

特別展 現代の織4 草間喆雄

4月20日(土)~6月23日(日)(57日間)

現代の優れた織の造形を紹介する展覧会シリーズの4回目。1970年代初からアメリカに渡って立体的な織の造形に取り組み、現在まで国際的に活躍している草間喆雄(1946- )の制作を、最新作を主にして展観します。

世界遺産登録15周年記念展 描かれた滝

7月6日(土)~9月23日(月・祝)(69日間)

「紀伊山地の霊場と参詣道」のユネスコ世界遺産登録15周年を記念して、熊野のシンボルともなっている「滝」の表現をテーマにした展示を行います。熊野古道なかへち美術館では、日本画の表現に焦点をあてて開催します。

特集展示 清高の画家 日高昌克

10月12日(土)~11月24日(日) (37日間)

和歌山県御坊市出身で、本職の医業をやめてまで絵を描くことを生業とした異色の画家、日高昌克(1881-1961)の作品を紹介します。

特集展示 没後50年 鍋井克之

12月7日(土)~1月19日(日) (31日間)

没後50年となる近代の洋画家、鍋井克之(1988-1969)の表現を、好んで描いた紀南の風景を主題にした作品を中心に振り返ります。

ワークショップと発表

絵画上の空間をテーマにした制作で注目される画家、湯川雅紀さん(1966- )とのワークショップを開催し、そこで生まれた成果を展示します。

最終更新日:20191129