田辺市HOME > 山村林業課 > 伐採届・林地開発

伐採届・林地開発

森林の立木を伐採するには

森林の立木を伐採するには届出・許可申請が必要です

 私たちのまち、田辺市は、その面積のおよそ9割を森林が占めています。

 そんな森林には、実は多くの役割があり、私たちのくらしや地球の環境を守ってくれています。

 ~森林のさまざま役割の例~

 ・降った雨水をたくわえ、洪水や土砂崩れを防ぐ役割

 ・二酸化炭素を吸収し、空気をきれいにする役割

 ・さまざまな生き物のすみかとなり、生物の多様性を保全する役割

 そんな多くの役割をもつ森林を守るため、みなさまがご自身で所有する山林であったとしても、森林の立木を伐採するときには、森林法※1に基づく伐採の届出や許可申請が必要です。(ただし、伐採する森林の位置づけ※2や伐採方法※3等によって、必要な届出・許可申請の内容・様式が異なります。)

普通林※2の場合 

伐採をする前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要です。

【届出の対象となる森林】

 ・届出の対象となるのは、和歌山県の地域森林計画※4で対象となっている区域の森林です。

 ・土地の地目によらず、現況が森林である場合には届出が必要です。

※地域森林計画の対象区域は、県のホームページ(和歌山県地理情報システム)や下記で確認できます。

 ・田  辺  市 山村林業課 (☎0739-48-0303)

 ・和歌山県 林業振興課 (☎073-441-2960)

 ・西牟婁振興局 林務課 (☎0739-26-7911)

【届出者】

 森林の立木を伐採する方が届け出てください。

 ※立木を伐採する方と伐採後の造林※5を行う方(主に森林所有者)が異なる場合は、連名で届出を提出してください。

【提出書類】

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書

 ・伐採箇所を示す図面

【届出期間と提出先】

 伐採を開始する日の90日前から30日前までの期間に、田辺市山村林業課又は各行政局産業建設課に届出を提出してください。

【届出書】

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書【様式】.pdfPDFファイル(56KB)

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書【様式】.docワードファイル(60KB)

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書【連名届出様式】.pdfPDFファイル(56KB)

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書【連名届出様式】.docワードファイル(60KB)

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書【記入例】.pdfPDFファイル(271KB)

 

※森林を皆伐又は択伐※3した場合には、森林を再生するために造林をする必要があります。

※森林経営計画※6に基づく伐採では、事後の「森林経営計画に係る伐採等の届出書」ワードファイル(36KB)が必要です。この場合、事前の「伐採及び伐採後の造林の届出書」は必要ありません。

皆伐※3する場合は、伐採届のほかに「伐採適合旗交付申請書」の提出も必要です。

 1ヘクタール(10,000平方メートル)以上の森林において皆伐をする場合は、田辺市に伐採適合旗交付申請書を提出し、市が交付する伐採適合旗を伐採現場近くに設置する必要があります。(これは、違法な伐採を防止するためです。)

【申請書】

 ・伐採適合旗交付申請書【様式】.pdfPDFファイル(31KB)

 ・伐採適合旗交付申請書【様式】.docワードファイル(30KB)

 ・伐採適合旗交付申請書【記入例】.pdfPDFファイル(36KB)

伐採と造林が完了したら「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要です。

 森林法の改正により、平成29年4月以降、森林を皆伐又は択伐した場合は、伐採後の造林をした後に森林の状況を報告することが義務付けられました。

※ただし、以下の場合には、森林の状況報告書を提出する必要はありません。

 ・伐採の方法が間伐※3である場合

 ・保安林を伐採した場合

 ・森林経営計画に基づいて伐採を行った場合

【報告者】

 伐採及び伐採後の造林の届出書の届出者で、伐採後の造林をした方(主に森林所有者)が報告書を提出してください。

【提出期限と提出先】

 造林が終わった日(伐採後に森林以外の用途に転用する場合には、伐採を完了した日)から30日以内に、田辺市山村林業課又は各行政局産業建設課に提出してください。

【報告書】

 ・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書【様式】.pdfPDFファイル(39KB)

 ・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書【様式】.docワードファイル(34KB)

 ・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書【記入例】.pdfPDFファイル(229KB)

保安林※2の場合

間伐又は人工林の択伐を行う場合

 保安林内において、間伐又は人工林※7の択伐を行うには、田辺市へ「保安林(保安林施設地区)内間伐(択伐)届出書」を提出する必要があります。なお、森林経営計画がたてられている森林については、伐採後に別途「森林経営計画に係る伐採等の届出書ワードファイル(36KB)」の提出も必要です。

【届出期間と提出先】

 間伐(択伐)を開始する日の90日前から20日前までの期間に、田辺市山村林業課または各行政局産業建設課に提出してください。

【提出書類】

 ・保安林(保安林施設地区)内間伐(択伐)届出書

 ・伐採箇所を示す図面

【届出書】

 ・保安林(保安林施設地区)内間伐届出書【様式】.pdfPDFファイル(35KB)

 ・保安林(保安林施設地区)内間伐届出書【様式】.docワードファイル(34KB)

 ・保安林(保安林施設地区)内択伐届出書【様式】.pdfPDFファイル(35KB)

 ・保安林(保安林施設地区)内択伐届出書【様式】.docワードファイル(34KB)

 ・保安林(保安林施設地区)内間伐(択伐)届出書【記入例】.pdfPDFファイル(120KB)

皆伐又は天然林※7の択伐を行う場合

 保安林内において、皆伐又は天然林の択伐を行う場合には、和歌山県知事への許可申請が必要です。詳細については、下記へお問い合わせください。

 ・和歌山県 林業振興課 (☎073-441-2960)

 ・西牟婁振興局 林務課 (☎0739-26-7911)

無届・無許可で伐採を行った場合

 届出の提出や許可申請をせずに伐採を行った場合や、手続きを適正にしていても届出・許可の内容と異なる行為を行った場合には、森林法により罰せられることがあります。

普通林の場合

100万円以下の罰金に処されることがあります。

保安林の場合

150万円以下の罰金に処されることがあります。

注釈

※1森林法

 森林を守り、育て、利活用することを目的として定められた法律

※2森林の位置づけ

 保安林・・・森林がもつさまざま役割を発揮させるために、伐採や開発に制限を設けている森林

 普通林・・・保安林以外の森林

※3伐採の種類

 皆 伐・・・対象となる森林にある樹木を全て伐採すること

 択 伐・・・対象となる森林にある樹木の一部を伐採すること

 間 伐・・・樹木の混み具合に応じて、その一部を間引きすることで、残存木の成長を促進するための作業

※4地域森林計画

 都道府県知事がたてる、地域の特性に応じた森林整備・保全に関する計画

※5造 林

 木を植え育てて森林を造ること

 人の手で樹木を植えて育成する人工造林法と、植栽を行わず自然に発生した樹木を育成する天然造林法がある

※6森林経営計画

 森林所有者や森林の経営の委託を受けた者が、効率的な森林の経営と、適切な森林の保護についてたてる5年間の計画

※7森林の種類

 人工林・・・木材生産等のために、人の手で樹木を植え、育てている森林

 天然林・・・人が手を加えず、樹木が自然に発生した天然の森林

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

林地開発許可制度

森林の開発を1ヘクタール以上行う場合には

森林の保全を図るため、都道府県知事がたてた地域森林計画の対象民有林(保安林並びに保安施設地区の区域内及び海岸保全区域内の森林を除く)において、土石または樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為で、森林の土地の自然的条件、その行為の態様等を勘案して政令で定める規模を越える開発行為を使用とする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない。

対象となる規模(政令第2条の2)

  • 道路の新設、改築の場合
    道路の幅員(路端から車道寄りの0.5メートル幅を除く道路部分)3メートルを超えるもので、その開発行為に係る森林の土地の面積が1ヘクタールを超えるもの。
  • その他の行為の場合
    その他の行為にあっては土地の面積1ヘクタール
このページに関するお問合せ先
田辺市 山村林業課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-1192 和歌山県田辺市鮎川2567-1 大塔行政局内 TEL 0739-48-0303 FAX 0739-49-0359
最終更新日:20171013