田辺市HOME > 山村林業課 > 伐採届・林地開発

伐採届・林地開発

伐採届

森林の立木を伐採するには

地域森林計画の対象となっている森林の立木を伐採する場合、市町村に伐採届を提出する必要があります。届出を行わない無届伐採は、厳しく罰せられます。なお、保安林において立木の伐採を行う場合には、県知事の許可が必要です。

届出対象者

地域森林計画区域内の森林で立木を伐採する森林所有者等の方。(倒木、枯死木を除く)
伐採森林が森林施業計画、もしくは森林経営計画の対象森林の場合は、別途届出が必要です。

届出対象区域

届出必要区域は地域森林計画の対象となっている森林です。
対象森林については、森林局山村林業課、県庁(林業振興課)、県の出先機関(振興局林務課)にて確認が可能です。

届出期間

伐採を始める90日前から30日前までに届出をしてください。

届出先

森林局山村林業課もしくは、伐採対象立木が所在する各行政局産業建設課まで届出をお願いします。

伐採適合旗

平成25年1月1日より1ヘクタール以上の皆伐を実施する際は、市町村が交付する伐採適合旗を設置する必要があります。これは、伐採適合旗の設置の有無で違法伐採を判別し、防止するための制度です。ご自身が所有する山林であったとしても、1ヘクタール以上の皆伐を行う際には、必ず事前に市町村までご連絡ください。

申請書ダウンロード

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

林地開発許可制度

森林の開発を1ヘクタール以上行う場合には

森林の保全を図るため、都道府県知事がたてた地域森林計画の対象民有林(保安林並びに保安施設地区の区域内及び海岸保全区域内の森林を除く)において、土石または樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為で、森林の土地の自然的条件、その行為の態様等を勘案して政令で定める規模を越える開発行為を使用とする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない。

対象となる規模(政令第2条の2)

  • 道路の新設、改築の場合
    道路の幅員(路端から車道寄りの0.5メートル幅を除く道路部分)3メートルを超えるもので、その開発行為に係る森林の土地の面積が1ヘクタールを超えるもの。
  • その他の行為の場合
    その他の行為にあっては土地の面積1ヘクタール
このページに関するお問合せ先
田辺市 山村林業課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-1192 和歌山県田辺市鮎川2567-1 大塔行政局内 TEL 0739-48-0303 FAX 0739-49-0359
最終更新日:201614