田辺市HOME > 健康増進課 > 親と子どもの健康 [健康増進課] > 親と子供の健康 〜赤ちゃんが生まれたら〜

親と子供の健康 〜赤ちゃんが生まれたら〜

赤ちゃんが生まれたら

産後ケア

 出産後(退院後)の一定期間、育児や身体の回復に心配があるなどといった場合に、赤ちゃんとお母さんが助産所でお世話を受けられる制度があります。(自己負担あり)

産後ケア事業チラシPDFファイル(112KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

対象

体調や育児に不安や悩みのある、産後4か月未満のお母さんと赤ちゃん

内容 育児相談・指導(授乳、沐浴など)、体調チェック、乳児の発達チェック など
利用回数 宿泊型 7日間まで
デイサービス型 14回まで(1回につき2時間以上4時間未満)

費用

(自己負担額)

宿泊型

1日5,000円~7,000円 

※利用する助産所によって異なります。

デイサービス型 1回800円

【申請手続き】
本制度の利用を希望される方は、母子健康手帳と印鑑をご持参の上、健康増進課又は各行政局住民福祉課まで申請にお越しください。申請書は申請書ダウンロードのページからダウンロードできます。
審査ののち、利用が決定となれば、田辺市産後ケア事業利用決定書、田辺市産後ケア事業利用券を交付します。
※利用券はデイサービス型のみ
※追加サービスによっては自己負担金が増える場合があります。予約の際にご確認ください。

こんにちは赤ちゃん事業〜乳児家庭全戸訪問・未熟児の訪問指導〜

お母さんと赤ちゃんの健康を願って、助産師・保健師が赤ちゃんのいる家庭を訪問します。

すくすく教室

初めて親になった方を対象に、市民総合センターで開催しています。
すくすく教室では、育児相談や離乳食の進め方のほか、育児についての相談を承ります。
日程は対象の方に個別通知しているほか、母子保健カレンダーにも掲載しています。

 
教室名 時間 内容 講師
すくすくトーク 13時30分〜15時30分 ・育児の悩み・赤ちゃんの心配事相談
・赤ちゃんとママの交流会
小児科医師
管理栄養士
保健師
すくすくひろば 13時30分〜15時30分 ・赤ちゃんの発達・発育について
・妊婦さんとの交流会
保健師
すくすく離乳食 13時30分〜15時 ・離乳食のお話
・試食をしながらママ同士の交流会
管理栄養士

養育支援訪問事業

産褥期(出産後概ね1年未満)における母子に対する家事等の援助をおこないます。育児支援を利用される場合は、申請をおこなっていただき、その必要に応じてヘルパーによる家庭訪問により家事や育児の援助をいたします。(自己負担あり)

※養育支援訪問事業の申請は、子育て推進課です。
詳しくは子育て推進課(0739-26-4927)までお問い合わせください。

お問合せ先

 
お問合せ先 電話番号
健康増進課(市民総合センター2階) 0739-26-4901
龍神行政局住民福祉課 0739-78-0820
中辺路行政局住民福祉課 0739-64-0502
大塔行政局住民福祉課 0739-48-0301(代)
本宮行政局住民福祉課 0735-42-0004
このページに関するお問合せ先
田辺市 健康増進課 お問い合わせフォーム
〒646-0028 和歌山県田辺市高雄一丁目23番1号 TEL 0739-26-4901 FAX 0739-26-4911
最終更新日:20171115