田辺市HOME > 消防本部 > 生活の安全と防火、緊急・応急手当 > 花火は正しく安全に!

花火は正しく安全に!

 夏の風物詩のひとつといえば、花火です。大人にとっても子どもにとっても、楽しみな季節となりました。

 しかし、気軽に楽しめる花火の原料は火薬です。取り扱いを誤ると大きな事故やケガにつながります。

 実際に、田辺市消防本部管内でも、過去に花火が原因の火災が発生しています。 

 取扱いには十分注意し、楽しい夏の思い出を作りましょう。 

☆花火を行うときの注意点☆

風の強いときは花火をしない

 ・風の強いときは、火の粉が風に流されて危険です。

 ・気象条件を考え、風の強いときは花火をしないようにしましょう。

 ・点火するときは、体を風上にして、風下の人にも火の粉が当たらないように注意しましょう。

燃えやすいものがなく、安全な場所で遊ぶ

 ・燃えやすいものの近くで遊ばないようにしましょう。

 ・広くて安全な場所で遊びましょう。

花火をするときは大人と一緒に!

 ・花火は子どもだけで遊ぶと危険です。大人と一緒に遊びましょう。

 ・大人が積極的に参加して、花火の正しい遊び方、火の後始末について指導してあげてください。

花火の説明書をよく読み、注意事項を守る。

 ・花火遊びにもルールがあります。説明をよく読みましょう。

 ・花火は1本ずつ点火しましょう。数本まとめて点火すると大きな炎になって危険です。

 ・点火の位置は花火の種類や形によって異なります。点火方法を確かめましょう。

 ・ろうそくや線香で点火しましょう。マッチ、ライター、花火での点火は危険です。

 ・建物や人、燃えやすいものに花火をむけるのは危険です。

 ・衣服に火が付かないように注意しましょう。大きなやけどにつながることもあります。

 ・花火の筒先に顔や手を絶対に出さないようにしましょう。点火するときや途中で火が消えたときは特に注意!

 ・花火を分解して遊ぶと危険です。絶対にやめましょう。

 ・花火をポケットにいれると危険です。衝撃によって発火する可能性があります。

水バケツを用意し、遊び終わった花火は水につけて消火する。

 ・水の入ったバケツを用意し、遊び終わった花火は水につけて完全に消火しましょう。

 ・途中で消えた花火も水につけて消火してから処分しましょう。

このページに関するお問合せ先
田辺市 消防本部 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町46番地の119 TEL 0739-22-0119 FAX 0739-22-3402
最終更新日:201927