田辺市HOME > 都市計画課 > 旧国鉄田辺駅宿舎跡地活用事業

旧国鉄田辺駅宿舎跡地活用事業

 田辺市(以下「市」という。)では、平成29年7月策定の「第2次田辺市総合計画」において、「中心市街地の活性化」を大きな課題の一つとして位置付け、課題解消に向けた施策を展開しています。また同様に、令和元年7月策定の「田辺市都市計画マスタープラン」においても、持続可能なまちづくりを目指す上で大きな課題であると位置付けています。

 近年では、これらの計画に合わせ、観光資源を生かしたまちづくりを推進し、交流人口の増加を図るため、JR紀伊田辺駅や世界遺産に追加登録された鬪雞神社周辺において「景観まちづくり刷新支援事業」を実施するなど、個性的で活力のあるまちづくりを進めています。

 本事業はその課題解消に向けた施策の一環として、市有地のうち、事業用地として未活用の土地の有効活用を図るものとして位置付けています。

 本募集の対象地である「旧国鉄田辺駅宿舎跡地(田辺市高雄二丁目1299番1)」は、市の中心市街地に位置する約4,000平方メートルの市有地であり、現在は地域の住民活動を中心に広場として管理、運営されています。

 一方、社会全体を見渡すと、新型コロナウィルス感染症の感染の拡大により、「新しい生活様式」や「分散型社会の実現」などが注目され、「リモートワーク」や「ワーケーション」、「サテライトオフィス」、「二地域居住」など、新たな価値観の創出や従来からある価値観の大きな変化が起こっています。また、アフターコロナ社会における地方の持つ可能性の再評価や新たなニーズの湧出などが予想されている中、市を取り巻く環境も大きく変化していくものと考えています。

 こういった現状を踏まえ、地域の賑わいの創出の環境作りの一環として、旧国鉄田辺駅宿舎跡地内に宿泊施設であるホテル、旅館を整備・運営する事業者を募ることとし、旧国鉄田辺駅宿舎跡地のより有効な活用と、更なる中心市街地の活性化を図ることを目的とします。

事業の流れ

jigyouhuro

活用方法の民間提案募集について

 令和3年9月1日から同月30日の間、民間提案を募集しました。

 募集内容については、「民間提案募集について」このリンクは別ウィンドウで開きますのページをご確認ください。

民間提案募集の結果について

  •  募集期間 :令和3年9月1日(水)~9月30日(木)
  •  提案応募件数:1件
  •  提案内容 :ホテル事業
  •  審査結果 :採用

意見公募手続(パブリックコメント)の実施について

 令和4年1月4日から2月4日まで、パブリックコメントを通じて、本活用計画(案)を公表し、広く意見を求め、提出された有益な意見を考慮して、活用計画を策定していきます。

 パブリックコメントについては、「活用計画(案)に関する意見募集について」このリンクは別ウィンドウで開きますのページをご確認ください。

意見公募手続(パブリックコメント)の実施結果について

 令和4年1月4日から2月4日まで、「活用計画(案)」についてパブリックコメントを行いました。

 パブリックコメントの結果については、「活用計画(案)に関する意見募集について」このリンクは別ウィンドウで開きますのページをご確認ください。

活用事業に関する計画書について

 令和3年9月に行った民間提案募集の結果を基に、皆さまからのご意見をいただきながら、活用や整備に関する市の考え方、条件等を計画書として定めました。

 策定した計画書については、下記の資料をご確認ください。

「旧国鉄田辺駅宿舎跡地活用事業に関する計画書」PDFファイル(8146KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

事業者の募集について

 市が定めた計画書を基に、本事業用地内で「宿泊施設であるホテル、旅館業を中心とした地域の賑わい創出の環境作りの一環となる施設」を整備・運営していただける事業者を募ります。

 募集期間は、令和4年4月1日から同月28日となっております。

 募集内容については、「事業者募集について」このリンクは別ウィンドウで開きますのページをご確認ください。

今後の予定について

○事業者の決定

 令和4年6月上旬(予定)

このページに関するお問合せ先
田辺市 都市計画課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9937 FAX 0739-26-9956
最終更新日:202237