田辺市HOME > 税務課 > 固定資産税 [税務課] > 税額算定の流れ

税額算定の流れ

 固定資産税決定までの流れは次の通りです。

1.固定資産を評価して、その価格等を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。

 固定資産税(土地・家屋)の評価額は、3年に1度評価替えが行われます。
 固定資産の評価は、総務大臣の定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額が算定されます。このようにして決定された価格や課税標準額は、固定資産課税台帳に登録されます。

 
価格の据置措置  固定資産(土地と家屋のみ)については、原則として基準年度(3年に1度)に評価替えを行い、賦課期日現在の価格を固定資産課税台帳に登録し、第二年度及び第三年度は、新たな評価は行わず、基準年度の価格をそのまま据え置きます。(平成27年度は、評価替えの年度となっております。)
※ただし、第二年度及び第三年度において
1.新たに固定資産税の課税対象となった土地・家屋
2.土地の地目変更、家屋の改築などによって基準年度の価格によることが適当でない土地・家屋
については、新たに評価を行い、価格を決定します。
土地の価格の特例 土地の価格については、第二年度及び第三年度において、それぞれ前年の7月1日までの期間に地価の下落が認められる場合には、簡易な方法により、価格に修正を加えることができることになっています。
償却資産の申告制度 償却資産の所有者の方は、毎年1月1日現在の償却資産の状況を1月31日までに自己申告していただきます。この申告内容に基づいて、毎年評価し、その価格を決定します。
縦覧帳簿の縦覧

納税者が他の土地や家屋の価格(評価額)と比較できるよう、「土地価格等縦覧帳簿」及び「家屋価格等縦覧帳簿」を作成し、毎年、納税者の方にご覧頂きます。
縦覧のページへ

このページのトップへ

2.課税標準額×税率(田辺市は1.4%です。)=税額 となります。

課税標準額=固定資産課税台帳に登録された価格

 免税点・・・田辺市内に同一人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額の合計が次の金額に満たない場合は、固定資産税は課税されません。

 
土地 家屋 償却資産
30万円 20万円 150万円

このページのトップへ 

このページに関するお問合せ先
田辺市 税務課 資産税係 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地 TEL 0739-26-9921 FAX 0739-23-1941
最終更新日:20151021