田辺市HOME > 健康増進課 > 犬を飼うにあたって

犬を飼うにあたって

犬を飼ったら・・・
 飼い主の義務を守りましょう
~法律で義務付けられている飼い主の義務~
 ・ 市区町村に飼い犬の登録をすること
 ・ 犬に毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
 ・ 犬の鑑札と注射済票を犬に装着すること

犬の登録について

生後91日以上の犬は、市区町村へ犬の登録をしなければなりません。
健康増進課又は各行政局住民福祉課で田辺市への登録ができます。
登録時に交付された犬の鑑札は、犬の首輪などに着けましょう。
※登録手数料は3,000円です。

鑑札を紛失したら(再交付について)

再交付の申請をしてください。
健康増進課又は各行政局住民福祉課で申請ができます。
※鑑札再交付手数料は1,600円です。

狂犬病予防注射について

生後91日以上の犬は、狂犬病予防注射を毎年1回受けなければなりません。
狂犬病予防注射は、動物病院や例年4~5月頃に巡回で行う集合注射で受けることができます。
接種後は注射済票の交付を受けてください。
交付された注射済票は、犬の首輪などに着けましょう。

狂犬病予防注射手数料 3,190円 ※平成26年4月1日から左記の額
(注射済票交付手数料 550円を含む)

平成29年度 狂犬病予防集合注射日程このリンクは別ウィンドウで開きます

注射済票を紛失したら(再交付について)

再交付の申請をしてください。
健康増進課又は各行政局住民福祉課で申請ができます。
※注射済票再交付手数料は340円です。

その他の届出

下記のような場合は、届出が必要になります。
健康増進課又は各行政局住民福祉課に届出をしてください。

犬が死亡した場合

「鑑札」及び最新の「狂犬病予防注射済票」、死亡届を提出してください。
鑑札等を紛失された場合は、紛失届をご記入いただきます。
田辺市ごみ処理場で火葬することができます。
詳しくは、廃棄物処理課(0739-26-6218)にお問い合わせいただくか、亡くなった小動物の取扱いについてのページをご覧ください。

譲渡する(飼い主が変わる)場合

新しい飼い主に、必ず鑑札を添えて譲渡してください。
また、譲り受けた方は鑑札を添えて変更届をしてください。

異動する(引越す)場合

  • 田辺市内で転居する
    登録番号及び新しい住所、電話番号、犬の所在地をお知らせください。
  • 田辺市へ転入する
    前登録地の鑑札を添えて、変更届をしてください。田辺市の鑑札と無料交換します。
    ※平成11年以前に和歌山県内で登録をした犬の場合は、鑑札の交換が必要ありません。
     届出のみとなります。
  • 田辺市外へ転出する
    犬の新しい所在地となる市区町村へ変更届をしてください。
    その際、鑑札を必ず持参してください。新しいものに交換されます。

申請用紙は申請書ダウンロードのページから印刷することができます。

関連リンク先

狂犬病に関する周知について

  1. 渡航中に動物と不用意に触れあわないこと
  2. 万が一渡航中に流行地域で犬等に咬まれた場合には現地医療機関を受診すること
  3. 現地医療機関への受診の有無にかかわらず帰国時に検疫所(健康相談室)に相談すること
  4. 厚生労働省検疫所(FORTHホームページ
  5. 厚生労働省検疫所(動物と一緒の渡航について
  6. 国立感染症研究所(感染症の話 狂犬病

 
申請窓口(問い合わせ先) 電話番号
健康増進課(市民総合センター2階) 0739-26-4901
龍神行政局住民福祉課 0739-78-0820
中辺路行政局住民福祉課 0739-64-0502
大塔行政局住民福祉課 0739-48-0301(代)
本宮行政局住民福祉課 0735-42-0004
このページに関するお問合せ先
田辺市 健康増進課 お問い合わせフォーム
〒646-0028 和歌山県田辺市高雄一丁目23番1号 TEL 0739-26-4901 FAX 0739-26-4911
最終更新日:2017223